ご自宅は春日山の方ですか?それとも直江津港の方ですか?

 実は直江津の認定こども園と春日の各施設の保育方針等は全く一緒です。
春日の『たちばな乳児保育園』が発足した当時は認定こども園の制度がなかったので、新潟県では初めて学校法人立の保育園を設立しました。
 直江津でも同様に乳児園をと検討中に認定こども園の制度ができました。この制度により、保育園・幼稚園に入る前のお子さんや保護者にも利用いただける『子育て広場』がプラスされる事となり、より多くの方に御利用いただける施設となりました。

これは「子どもの好きにさせる保育」ではありません。
原点は《今と将来の子どもに必要な事を考える》です。
もしかしたら
 ①保育料はいくらかかるか?
 ②給食(弁当)は週何回?
 ③何時まで預かってもらえるの?
といった事が幼稚園や保育園の選択の条件になっていませんか?これらの事は情報として必要だと思いますのでお答えします。でも、その意味や解釈もきちんと説明させてくださいね。あわせて当園の施設や保育についていくつかお知らせします。

必要経費をその都度集めるか、事前に集めるかといった集金時期や名目が異なる場合がありますので、年間トータルで考えると毎月お支払いいただいている金額は他の園さんとほとんど変わりません。当園より高い園も安い園もあるとは思いますが、数百円から数十円と思います。尚、当園在籍の幼児さんの御家庭には、市より教育支援費補助金(全員)、幼稚園就園奨励費補助(収入により増減あり)などの補助があります。

降園のスクールバス発車時間は最初のコースが14:30です。預かり保育(延長保育)では、最長19:00までお預かりしています。出来るだけ長く預かってもらいたい。そう考える御家庭が増えてきたのでしょうか。24時間、あるいは長時間保育をする園や施設が出てきています。が、それがお子さんにとって良い(望ましい)事なのかを考えてみましょう。親子間のコミュニケーション不足、家庭内暴力、いじめ、不登校、幼児虐待…… それらの原因になっていないか検討する必要があると思います。当園では預かり保育を希望する場合は、担任教師と相談した上で申し込みいただいたり、良好な親子関係についてのケアに努めています

市内の幼稚園の申合わせ事項として土曜日は自由登園、バスでの送迎はおこなえない事になっております。お手数ですが保護者の方にお子さんの送り迎えをお願いしております。お子さんをお預かり出来る時間は8:30~正午迄です。「ホタルを見に行こう!」「サケのそじょうを見に行こう!」といった季節にちなんだ親子体験活動も行っています。

上記に載っていないことや詳しく知りたい方は、お気軽にお問合せください。